レール加工技術

レール加工技術

全ての鉄道軌道は摩耗する。運航の安全性,同時にレールの耐用年数を延ばし,営業コストを下げるためにレールは定期的に保守されねばならない。

リンジンガー社はレールの保守点検をできるだけ正確に進める為にレールの頂部の形状補正を最小の交通遮断にて進める移動式レール研削機を開発しました。リンジンガー社製リミング式研削車は,主要幹線,郊外部鉄道,地下鉄,路面鉄道,直線,分岐器,踏切,トンネルま,ですべての使用条件に適しています。

鉄道本線や分岐器用

脱炭層

予防及び保全のメンテナンス

センセディブなエリアでの騒音低減

ゲージ補正

高速鉄道の軌道の削正

横・縦方向でレールヘッドの破損の除去

改良摩耗を減らし

レール形状の修正

レール形状の変更

特徴

1パスで削正作業を完了

0.1 ~ 0.5毫米の削正を1パスで可能

チップや粉塵による環境への負荷を大幅に改善

火花による火災リスクを最大限に減少

センシティブなエリアにも使用可能

散水不要

分岐器検索も可能

季節を問わず使用可能

高い研削精度

レール材質に影響を与えない研削

切子は有価物として再利用可能

革新的,顧客仕様,モダン

技術

表面仕上げを組み合わせた円周方向のミリングによるレール頭部の削正

研削前

研削後

技術

移動式ソリューション:製品ラインナップ

  • レールミリング列車MG31
  • レールミリング列車SF06-FFS优先
  • レールミリング列車SF03-FFS
  • レールミリング列車SF02T-FS
  • レール・道路トラックSF02-FS
  • レールミリング列車MG11
  • レールミリング列車MG11

定置式ソリューション

  • 定置式レール頭部ミリングマシーンSKF
  • レール溶接と修理工場
  • レール切断および穴あけ機
Baidu